お父ちゃんありがとうセット(数量限定)

お父ちゃんありがとうセット(数量限定)

あの希少価値の高い、三大芋焼酎『魔王・村尾・森伊蔵』の小分けお試しセット♪



 



 



 



 



 



 



「魔王 焼酎」の画像検索結果



 



●魔王



「天使を誘惑し、魔界の王へ最高の酒を調達・献上する悪魔たちによってもたらされた特別なお酒」が命名の由来だとか。このしゃれたインパクトあるネーミングで爆発的人気を呼び起こしたのは、鹿児島県大隈半島最南端、錦江町の蔵「白玉醸造」だ。創業は、明治37年。スタンダート商品の芋焼酎は「白玉の露」だ。ほか、麦の「元老院」、米の「天誅」、さらには芋の「火の水」などの銘柄もある。



人気の要因は、なにより印象的な名前のほか、芋臭さを一切消したすっきりした味わいだろう。芋焼酎独特の甘い風味は少なく、思いのほかドライでシャープ。後味も「キレ」やアルコール感が感じられ、一般の芋焼酎のような甘い余韻は少ない。芋の甘い香りが好きな人にはむしろ「白玉の露」がいいのかも。ラベルにある「名門の粋」は、昔は「長期熟成酒」と書かれていたとか。いまは熟成していないのか……。「森伊蔵」「村尾」と「3M」のひとつ。



 



●村尾



鹿児島三大河川の一つ川内川が流れる鹿児島県薩摩川内市において、創業明治35年の村尾酒造。かの西郷隆盛が愛した焼酎としても知られる。「薩摩茶屋」が主要銘柄。



3代目当主であり、焼酎造りの天才といわれる村尾寿彦氏が、原料調達から、仕込み、蒸留、配達まですべてを1人で賄っている。ゆえにその生産量は限られ、おのずと手に入れにくい焼酎となった。黄金千貫と白豊を使用、黒麹仕込みで造られた、落ち着いた香りと洗練されたなかにも芋本来の自然な甘さやまろやかさを合わせもつタイプ。アフターに芋らしい甘いフレーヴァーが心地よく残る。お燗がいいか。これは、数年前の利き酒の印象だが、常に味わいは変化と向上を続けている。「森伊蔵」「魔王」とで「3M」と呼ばれる。



 



●鹿児島県、錦江湾を一望する垂水市に位置する森伊蔵酒造。創業は明治18年。「魔王」「村尾」とともに「3M」と呼ばれる。初リリースは昭和63年。定価は2,500円程度だが、お酒屋さんやネット上では、一升瓶30,000円~40,000円の値がつくし、料飲店価格はいわば天井知らず。いや、お金があってもモノがなくてなかなか買えないというのがこの「森伊蔵」なのだ。幻中の幻で、今や誰もが認めるプレミア焼酎の王様となった。焼酎を飲まない人でさえ、この「森伊蔵」という名前を知っている。

 



福井のコシヒカリと低農薬の黄金千貫と垂水の名水を使用し、合掌造りの伝統蔵で、かめ壺を使い丁寧に仕込む。最も名前を知られているが、味わいを語られることはほとんどない焼酎の代表でもある。



心地いい甘い香り、最初の口当たりは非常になめらかで洗練されている。中盤からはやわらかい旨味と骨格がはっきりと感じられ全体のバランスがすばらしい。すっきりとした印象のわりには後味が長いところが意外。ブラインドで飲んでもおいしかったというのが率直な感想。もちろん、ボトルを横にして飲んだら、もっとおいしいけれどね。



「極上森伊蔵」は、さらになめらかで少しとろみがある感じ。より骨太だが、角が取れた印象で、艶っぽさがある。出来れば氷やお湯などで薄めずストレートで飲みたい。



 



※各100mlのプチボトルサイズ



アルコール度数 25.0%



賞味期限    2019年6月30日



銀座プチワインズ 



 

販売価格:7,500円(税抜)

(税込:8,100円)

獲得ポイント:75P

カテゴリーから探す

  • 青果(野菜・果物・きのこ)
  • 米・雑穀
  • 飲料
  • 調味料(醤油・ドレッシング・油など)
  • 日配品(和)
  • 日配品(洋)
  • レトルト・インスタント
  • 麺類
  • 茶・菓子類
  • 加工品・乾物類・粉類(グロッサリー)
  • 肉類・ハム・ソーセージ
  • スーパーフード
  • パン・スイーツ
  • ジャム・はちみつ・ペースト類
  • 健康商品
  • コスメ・ビューティーケア・エコグッズ
  • ギフト
  • 冷凍食品
  • サマーギフト2018